2018年 7月 16日 (月)

海老蔵事件捜査 来週27日に「起訴」「不起訴」判断

印刷

   謹慎中の歌舞伎役者・市川海老蔵。父親の市川団十郎が名古屋で記者会見を開いた。会見の中で団十郎は、先週に家族会議が開かれ、その席で海老蔵が家族に多大な迷惑をかけたことを謝罪し、生まれ変わるつもりで一から稽古を始めるなど海老蔵の近況を明らかにした。さらに、海老蔵の復帰にも触れ、すべては白紙であり周囲が復帰を容認でしてくれる環境が整ったらとも語った。

成田山詣でも見送り

   この記者会見、じつは来年2月(2011年)に名古屋・御園座で行われる公演の演目変更に関するものだったが、メインキャスターの小倉智昭は「演目変更に関する質問はわずかで、ほとんどが海老蔵さんに関する質問だったようです」と解説した。

質問はわずか

   また、芸能レポーターの武藤まき子は「海老蔵さんは心が揺れ動いているようです。彼が大好きだった祖母の納骨式にも欠席し、成田屋恒例である新年早々の成田山詣でも欠席としています」と伝えた。

   「とくダネ!」は今後の事件の展開も予測。刑事裁判になるかどうか、元東京地検公安部長の若狭勝弁護士はこんな見方だった。

「刑事裁判になれば、法廷で海老蔵さんの非も明らかになる。そうなればイメージダウンは避けられないので、水面下で示談に向けた話し合いが行われているのではないかと思う」

   芸能デスクの前田忠明は「来週の27日が大きなポイントになると思う。28日からは官公庁は正月休みに入るので、この日までに起訴か不起訴かの結論を出さなくてはならない。それまでに元暴走族のリーダー側から被害届が出るかどうか予断はできない」と年内に結論は出るとした。そうなれば、それはそれでまたひと騒ぎだろう。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中