2018年 7月 17日 (火)

「大桃さんが泣きわめけば面白い」小倉智昭皮肉たっぷり

印刷

   大桃美代子と麻木久仁子の不倫騒動。ツイッターに書き込んだ当の大桃がつかまらず、「とくダネ!」も騒ぎの周辺をぐるぐる回るだけ。

   麻木は会見で、不倫相手の大桃の元夫・山路徹氏と付き合い始めたのは麻木が離婚した2006年頃からと付き合いがあったことを認め、当時、山路からは離婚届はまだ出してないが大桃との結婚生活は事実上終わっていると聞かされたとも話した。

   また、なぜこの時期に大桃があんな書き込みをしたのかわからないとも発言。言葉は穏やかだが、相当立腹していることは表情にはっきり表れていた。

   さらに、山路の直撃インタビュー。山路は「短い時間ではすべてを語り尽くすことはできない。悪いのは私です」と逃げる。

視聴者は「どうでもいいよ。関心なし」

   大桃はきょう(2010年12月24日)午後3時から記者会見を開く予定にしているが、メインキャスターの小倉智昭は「会見で大桃さんが泣きわめけば面白い展開になるかもしれない」と皮肉たっぷり。佐々木秀実(シャンソン歌手)も「会見を開いてもいいんじゃないの。今日はクリスマスなのだから。騒動に関心のある人には最高のクリスマスプレゼントになるでしょう」と冷ややか。

会見で……

   まあ、大方の視聴者も「どうでもいいよ。関心ないよ」と思っていることだろう。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中