「ウィキリークス」アサンジュ法廷 ツイッターで生中継

印刷

   パソコンや携帯電話で自由に投稿できるツイッターが「法廷を変えようとしています」と小木逸平アナが『スパモニ情報局』コーナーで取り上げた。

   日本ではなくイギリスの話だが、日本と同様、写真撮影やテープレコーダーの持ち込みを禁止しているイギリスの法廷が、このほどツイッターによる生中継を許可したという。

   発端は強姦容疑で逮捕されたウィキリークスの創設者、ジュリアン・アサンジュの保釈審理だった。「タイム・オブ・ロンドン」紙の記者が、これまで何度も却下されていたツイッターによる法廷生中継を改めて申請したところ、なぜか「OK」が出た。

   記者がこの時、法廷から発信したツイッター生中継の一部を番組で流した。

「アサンジュ入廷、スーツ姿で格好よく刈り上げたグレーの髪、ガラス越しで弁護士にささやく」
「裁判官が『まずお詫びです。法廷が狭くて…』」
「アサンジュの議論、保釈に集中。(アサンジュが)概要を述べる弁護人に抗議 」

なりすまし傍聴記事が恐い

   ただ、ツイッターによる生中継はこの1日だけ。次に申請したときは再び「NO 」。記者が「この間は『OK 』だったのになぜだ」と抗議したところ、裁判所内でツイッター使用の是非を検討した結果、あの時だけ暫定的に「OK」となっただけという。

   タレントの松尾貴史が「日本もそうなって欲しい。記者が(判決内容を知らせる)紙を持って走ってこなくていいように」と反応した。ITに詳しいジャーナリストの井上トシユキは、法廷に行ってもいないのに、記者を装い投稿する「なりすましの危険性がある」と指摘する。

   イギリスよりさらに保守的な日本の法廷で「OK 」が出るのはかなり先の話だろう。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中