辻希美、男の子を出産 「半端なく痛かったょ」

印刷

   第2子の男の子を出産したばかりのタレント、辻希美が12月27日(2010年)、ブログに出産時の様子を書き込んでいる。

   出産から一夜が明けるが、本人は「興奮と感動で胸がいっぱい」。破水したのは25日の午前1時半ごろ。娘を起こさないように夫の杉浦太陽を起こしてから病院へ向かい、2時半過ぎに病院に着いた。

   破水から24時間以内に産まないと危険だと言われるが、別の部屋に案内され、少し眠るように促された。もっとも5分間隔で襲ってくる陣痛のせいで、ウトウトしたかと思えば痛み、睡眠はうまくとれなかったそう。

「とりあえず・・・・・半端なく痛かったょ」

   分娩台に上がった午後1時ごろは、痛みも最高潮。準備が整ってから、いざ出産。力を振り絞りいきんで、無事に男の子と対面できた。「メチャクチャ感動しました」と辻。娘の時は自分の感情をあまり覚えていないけれど、2回目の今回は「冷静な気持ちで産まれて来た我が子に、本当に心から『産まれて来てくれてありがとう』と思いました」。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中