2010年「世界で一番ラッキー」だったこの人たち

印刷

   2010年は運がよかったなあという人も運がなかったという人もいるだろう。そんな年の変わり目にぴったりな動画がYoutube(ユーチューブ)に登場し、再生数を約100万回近くまで伸ばしている。

   「LUCK Compilation 2010 || Best Luck of the Year」というタイトルのコンピレーション動画で、その名のとおり幸運な動画を集めたもの。ただし「2010」のコンピレーションとは言いながら、実際は相当古い出来事も含まれているようだ。

「九死に一生」映像大賞

   ラッキーといえば、宝くじに当たったなどといったことが思い浮かぶかもしれないが、この動画に出てくるのは、そんな甘い幸運ではない。ほとんどが危ないところを紙一重で助かった、九死に一生を得た人たちの記録だ。

   たとえば、フラフラと降りてきて、何回もバウンドしながら着陸するジャンボ機。クラッシュしたラリーカーに追いかけられ、立ち木のおかげで助かった人。スケボーで坂を下って、車道に飛び出し、走ってきた自動車の下敷きになったけど無事だった。あるいは駐車場で車を降りた途端、巨大な看板かなにかが落下してきて、車はペチャンコ。線路を横断していて、列車に轢かれかけ、紙一重で助かったり。

   どれもこれも、そもそもこんな目に遭いたくないというケースばかり。こんな幸運な目に遭わなくてすむ幸運を願いたくなる。

   動画のコメント欄ではベストラック大賞を推薦するもの(票は割れている)やこの映像はフェイク(偽物)ではないかといった指摘で賑わっている。

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中