「箱根駅伝」勝負の箱根上り中継「2日正午~1時半」

印刷

   東洋大の3連覇か、早稲田大の出雲、全日本に続く大学駅伝3冠達成なるか―今年の箱根駅伝の見どころはこれに尽きる。勝負を決めるのは5区の箱根の上りだ。例年ここが往路のハイライトだが、とりわけ今年は大きなカギを握っている。ここ何年かは、5区で2位以下をどれだけ引き離せるかで総合優勝が決まる展開になっていて、東洋大はここに「山の神様」と呼ばれるエース・柏原竜二を持っている。柏原は1年生で5区に挑戦、それまで山の神様といわれていた今井正人(順天堂大)の区間記録をあっさりと破り、昨年は自己記録をさらに10秒縮める走りを見せて、東洋大を圧勝させた。

   総合力で上回る早稲田が、4区までにどれだけ東洋大との間に「貯金」を作って、柏原の追撃を振り切れるかがレースのポイントというわけだ。ただ、柏原は昨年11月の全日本2区で4位に終わり、不調が伝えられる。箱根の山で柏原が早稲田を捕らえられれば東洋大、逃げ切れれば早稲田の総合優勝が強くなる。伏兵は若い選手が多い駒沢大。

   テレビ中継は日本テレビ系で2日(2011年1月)、3日とも午前7時から中継放送。ヤマ場の5区・箱根の上りは2日正午~1時40分ぐらいまで。また、スピードランナーがしのぎを削る「花の2区」は日大のガンドゥ・ベンジャミン、拓殖大のジョン・マイナの走りに注目。中継は9時ころから10時過ぎだ。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中