「秋葉広島市長」動画サイトで退任表明―公権力者がいかがなものか

印刷

   一般人、芸能人らのするネットのブログや動画というもの、最近は政治家も積極的に活用してみようとしてるようだ。このほど、秋葉忠利・広島市長が自身の退任(4期目不出馬)についての説明を動画サイトのユーチューブで行った。市長がプライベートで投稿したものだという。市長は一方で、マスメディアからの記者会見や取材の求めに対しては、お断りし続けている。

自分の言いたいことだけ

   なぜ市長をやめるのか――そんな声も聞かれるそうだが、マスコミである「朝ズバッ!」的には、「なぜネットだけなのか」というのも大問題である。司会のみのもんたは「取材記者が嫌いなんじゃない?」と一言。

   芸能人なども、結婚報告などブログだけで会見を開かないケースも増えているようだが、政治家の場合、「公」の権力者だという違いがある。ネット動画という閉じられた自分の世界で、自分の言いたいことだけ言っていいのかどうか。

   その点、番組コメンテイターで元県知事の北川正恭・早稲田大学大学院教授は、やや批判的であった。

「やっぱり会見をして――。公権力ですから、いいことも悪いことも、みんなの前でさらけて。そういう余裕があってもいいと思う」
文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中