「自転車」どっち走るのが安全?車道か歩道か

印刷

   「みのさん、自転車乗るとき、車道と歩道どっちを使いますか」と井上貴博アナ。みのもんたが自動車の後部座席ではなく、自転車で自走するという前提の質問に意味があるのかはともかく、またその頻度もともあれ、「僕はどっちかというと車道を使う」と本人は言う。

   「歩道って危ないんだよ。人が歩いてるところをチリンチリンと行くのは」とみの。たしかに、自転車は車両の一種であるため、車道を走るのが原則である――と、井上が情報を入れる。

   みのは「そうでしょ」と我が意を得たり。ただ(蛇足であるが)、自転車のベルをチリンチリンと鳴らして人をどかすのは、クルマがクラクションで自転車をどかそうとするのと同様に、車両の警音器の正しい使い方ではない。

交差点でクルマの死角になるのは…

   さて、この「歩道・車道」談義の本旨は次のようなことである。自転車では歩道を走ったほうが安全だと思われがちだが、歩道を走ってると、車道のクルマの死角になりやすく、交差点などでかえって事故の確率が高い(毎日新聞記事より)ことがわかったらしいのだ。

ボクは車道走ってる

   それを聞いたみのは「(自転車は)車道って決まってるなら、車道を走るべきだよね」と、自転車の車道通行原則を再確認していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中