2018年 7月 21日 (土)

テレビ多チャンネル時代―「ゴシップ専門チャンネル」開局あるか

印刷

   年末は事件とスキャンダルの2ネタで大盛り上がりをし、年が明けたとたんにウエディングネタでまたまた活況を帯びているワイドショー、連日よくもまぁこれだけ引っ張ってネタを続けるものだと、辟易した人も多いだろう。

   それにしても、スキャンダルとウエディングのネタ元だったツィッターに対してのコメンテーターの発言はなんとかならないんだろうか。ある年配の男性コメンテーターは、スキャンダル事件の際、「ツィッターがどういう風に影響していくのか、そのつぶやきがどのぐらい影響力を持っているのか、わかっていないようですね。ツィッターの使い方を間違えたんじゃないでしょうか」としたり顔でしゃべっていた。

   ユーザーだったら誰でも影響力を百も承知でやってんだから、使い方を間違えたとかいうコメント、ちゃんちゃらおかしくないかい。それじゃぁ、某歌姫の結婚発表のつぶやきは、ツィッターの最も有効的な使い方だったと評価をするんでしょうか。

   コメンテーターのおじさんたちは、自分たちがあまり詳しくないメディアでいろいろとネタが出てきて困っているだけなんじゃない。そもそも、このテレビギョーカイで未だにIT関連にウトイおじさんたちはウジャウジャいるんだもの。

他人の不幸は蜜の味

   さて、歌姫結婚ネタ。10日も経てばさすがに終息しているだろうが、某事件とスキャンダルは週刊誌などでネタとしての存在感はいまだ健在。入稿の関係上、情報バリューが落ちることを踏まえても、おいしいネタだったのだろう。なにしろ、他人の不幸は蜜の味ですから。人々の興味を引くようないやらしい新情報は次々に提供されていくのだろう。

   とはいうものの、テレビをつければどこも同じネタばかり。視聴者という国民は、いつまでも辟易としているままでいいのだろうか。テレビ離れと叫ばれるが、なんだかんだ言って、みんなテレビをダラダラ見ていたりするもの。イヤだな~、テレビはバカだな~と毎回思いながらも、別のチャンネルにして気を紛らわすことも多いはずだ。

   もっと国民に広く知らせてほしい情報や、掘り下げて取材してほしいニュースは山のようにあるのに、そこは情報を作るのも情報を伝えるのも人の仕事。なかには、知られたくない人だっている。過去には、政治家が芸能人のスキャンダルネタを提供していることもあったという話も聞いたことがある。そんなことをしなくても、スキャンダルはネットや携帯電話のカメラ、ツィッターで小さなものから大きなものまでますます出てくることになるんだろう。

自己嫌悪に陥る視聴者

   とすれば、多チャンネル化が進んだ将来、ゴシップ専門チャンネルなど誕生するんだろうか。だとしたら、視聴率はどうなるのだろうか。やれ誰と誰が付き合っているだの、別れただの、そんなネタばかりをやっている局。一時的には多くの人が見るかもしれないが、いくら企画が優れていたとしても、連続視聴は辛いだろう。見ている視聴者が「自分はどうしてこんなつまらないネタばかりをずっと見続けているんだろう」と気付き、自己嫌悪するに違いない。だいいち、こんな局にお金を出してくれるスポンサーがいるのだろうか。

   他人の不幸は蜜の味でも、蜜ばかりではもたないのは健康管理と同じ。糖分ばかり摂取してブクブクと醜く肥えて身を滅ぼす。情報も満面なくあらゆるものを享受できる環境で、かつ上手に選択できるようになるといいのだが。

モジョっこ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中