前田敦子、「もしドラ」撮影はじまる 寝るのは2時半!

印刷

   アイドルグループ「AKB48」の前田敦子が1月11日から14日(2011年)のブログで、ベストセラー小説を原作とした映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の撮影に忙しい様子を報告している。

   「祝クランクイン」。ブログには前田の演じる主人公・川島みなみの活動の中心となる「教室」や「部室」を映した写真、共演者の峯岸みなみ(AKB48)との2ショット写真などを掲載。屋外ロケが行われた日には、かかとが寒さでカチカチなんだとか。撮影の合間は、スタッフの用意してくれたパジャマを着て、峯岸と2人で「足湯で解凍」し、寒さをしのいでいる。

   最近の前田の生活は、夜12時ごろに1日の撮影が終わり、夜中の2時半に就寝。朝は5時半に起きるというハードな生活だが「なれてきましたよ」とアピールしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中