「疑惑のレッドカード」 キーパー川島「しょうがないにも程がある」

印刷

   サッカーアジア杯「日本-シリア」戦で、微妙な判定で退場処分を受けた日本代表のゴールキーパー、川島永嗣が2011年1月14日夜にブログを更新し、試合を振り返った。

   問題のシーンは後半25分、ゴール付近に飛んで来たボールを処理しようとして相手選手と交錯。副審はシリアのプレーヤーがゴールに向けて蹴ったボールと判断して、川島とぶつかった選手のオフサイドとした。

   ところが主審は逆の判定。日本の選手がゴールに「バックパス」したとして、川島が相手選手に反則をはたらいたと「レッドカード」。一発退場となったうえに相手にPKが与えられ、一時は同点に追いつかれた。

   試合は何とか日本が勝利。川島はブログで、「どんな状況であれ、昨日の試合に勝てたこと、チームメイトに本当に感謝したいです」とホッとした様子だ。審判の疑惑の判定については、

「正直な気持ちは、しょうがないにも程がある。そんな気持ちで一杯ですが…」

と綴った。「しょうがない」の真意は、諦めの気持ちか、あるいは「どうしようもない」という審判への怒りがこめられたものか、定かではないが、最後に「気持ちを切り替えて、またチームにとってプラスになれるようにやっていきたいと思います」と締めた。次戦は出場停止となるが、予選を突破すれば出番が再びやってくるだろう。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中