石原真理 横沢彪さんに「頑張って」と励まされた

印刷

   女優の石原真理が1月14日(2011年)のブログで、肺炎のため亡くなった元フジテレビ・プロデューサーの横沢彪氏を追悼。当時の思い出を語っている。

   石原は、横沢氏の手がけたコント番組「オレたちひょうきん族」のコーナーやコントのハプニング場面などに出演。「笑っていいとも!」にも何度か呼ばれたが、1987年には番組スタッフらが作った「笑っていいとも大賞」の第一回受賞者として石原が選ばれている。「お笑いに貢献したから」というのが受賞の理由だと聞かされたそうだ。

   同じ1987年の夏、横澤氏が総合プロデューサーとして参加し、のちの27時間テレビの前身となった特番「FSNテレビ夢列島24時間生放送」がスタート。この番組で初ゲストとして出演した彼女は「いろいろ思いだしますね。朝早くの出番でしたね~。タモリさんとの会話も覚えているし、さんまちゃまとのやりとりも覚えていますね」となつかしそうに振り返った。

   また、横澤氏が吉本興業所属のときには役員室で話す機会もあった。「お元気そうでテカテカのお顔をしていらして」「これからも、頑張って下さいよ~」と励まされたことを今でも思い出すそうだ。「ご冥福をお祈り致します」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中