パンダが上野にやって来る!年間レンタル料7900万円の美男美女

印刷

   「ブーム再来か。上野にパンダくんがやってきます!」と司会のみのもんた。今月下旬(2011年1月)、2008年にリンリンが死んで以来、パンダ不在だった上野動物園に、中国から2頭のパンダが入園する。東京都が中国に年間7900万円の「保護協力基金」を支払うことで実現したという。

ブーム再来か

   四川省のパンダ研究センターで育った2頭のパンダ――オスのビーリー、メスのシィエンニュ(日本名は別になるらしい)はともに5歳。彼らをよく知る日本パンダ保護協会事務局長によれば、2頭とも食欲旺盛で元気だという。ビーリーは木登りが得意。シィエンニュはすごくかわいくて、「(中国の)スタッフはみな美人だと言っている」。また、ビーリーも美男子で、「美男美女のいいカップルが日本に来られるなと思ってます」とのこと。

   それにしても、パンダの「美男美女」とそれ以外では、どこが違うのだろうか。同協会よると「丸い顔で鼻が短い」ことが美男美女の条件だそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中