2020年 12月 1日 (火)

バーテンダー相葉雅紀 大先輩・志村けんの膝枕で寝ちゃった!

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

<「相葉雅紀のバーテンダー大作戦!!」(テレビ朝日系1月14日深夜11時15分~0時15分)>2月からテレビ朝日系列で始まる金曜ナイトドラマ「バーテンダー」の主演・相葉雅紀が「もっとお酒に詳しくなりたい!」と、様々な豪華ゲストから酒を飲みながらの緊急トーク特番。もちろん、ドラマ「バーテンダー」の前あおりなのだが、これがなかなか面白かった。

   なかでもお笑い界の大御所・志村けんとのトークが傑作だ。仲良くなるためにはまず酒をという考えの志村と初対面の飲み会で、相葉は志村の膝枕で眠ってしまった。大先輩に失礼なことをしたと気にしていた相葉だが、志村は「かわいいやっちゃなぁ~」と思ったという。それを機に距離が縮まったという2人は、「お酒の力ってすごいよね」と笑いあう。

   じゃんけんの時によく使う「最初はグー」を考えたのも実は志村。酔っ払いのじゃんけんはバラバラで決まらないので、掛け声として使ったのが「最初はグー」。それが今ではみんながやるようになった。素面では出ない発想が出るのもお酒の力ならではだろう。

   そんな志村がお笑いを目指したきっかけは小学生のとき。

「厳しい家庭だったが、家族がテレビを見て笑った時に『笑いってすげぇな』と思った」

   酔っぱらいながらも真剣な表情で話す。志村にとってお酒は、黙って愚痴を聞いてくれるし褒めてくれる「長く付き合いたい友達」なのだそうだ。とても素敵な考え方である。

2月4日からドラマスタート

   番組では「石原軍団」の舘ひろしや徳重聡、女優・大地真央、オアシズ・椿鬼奴など女芸人の女子会、上島竜兵率いる「竜兵会」のメンバーたちとも酒にまつわるトークを繰り広げる。

「お客様の心を読んでとっておきの一杯を作る」

   相葉はすっかりバーテンダー気取りだ。ドラマは貫地谷しほり、金子ノブアキら共演し、初回放送は2月4日(深夜11時15分)。嵐ファンでなくても楽しみなドラマだ。いっそ志村けんが客役で出演すれば凄く面白くなると思うのだが……。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中