イーグルス結成40年「声変わった」「いや変わってない」オジサンたちが熱い論争

印刷

   今年2011年3月、結成40周年のアメリカのロックバンド「イーグルス」が7年ぶりの来日公演を行う。その東京公演にはTBSが主催者に名を連ねていることもあってか、「朝ズバッ!」の芸能コーナーでは、ボーカルのドン・ヘンリーが番組にビデオメッセージをよせ、代表曲の「ホテル・カリフォルニア」や「デスぺラード」が流れるなどのフィーチュアぶりだ。

   「これ、メンバー入れ替わってないんでしょ?」と司会のみのもんた。それはどの時点を基準にするかにもよるだろうが、少なくともバンドの2つの「顔」のドン・ヘイリーにグレン・フライ、それからギターのジョー・ウォルシュは来日予定メンバーに入ってるようだ。

だいぶ変わりました

   「メンバー変わらず。歌声も変わらない印象ですよね」と、アシスタントの小林悠アナが言うと、みのは「いや、声はだいぶ変わりました」と懐古調の目つき。

   だが、「大のロック好き」(番組の公式プロフィルより)のコメンテイター、与良正男・毎日新聞論説副委員長は「いや、ドン・ヘイリーの声は変わっておりません!」と、いきなりの大声で反論に及んだ。

   いままさにイーグルス変わった変わってない論争が勃発する――と思わたが、残り時間もなく、実際にコンサートに行ってたしかめてもらうに如くはなしとのことで落ち着いた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中