2018年 7月 20日 (金)

東国原前知事、鳥インフル疑いに「眠れない」

印刷

   宮崎県知事を退任したばかりの東国原英夫氏(53)は2011年1月22日未明、21日夜に県内のニワトリから高病原性鳥インフルエンザの陽性が簡易検査で確認されたことについて、事態の推移を心配する声をツイッターに書き込んでいる。

   東国原氏は、

「担当部局からは、連絡無し。考えてみたら、当たり前である」

と、知事の任期が満了したことを実感した様子で、

「心配だ。対策本部設置はどうか? 情報収集と現地調査はどうか? 初動防疫はどうか? 眠れない。そういえば、かつて夜中の3時くらいに、対策本部の主要メンバーを招集した事を思い出す」

と、就任直後の07年1月に鳥インフル対策に奔走した様子を振り返っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中