2018年 7月 21日 (土)

迷惑110番の大バカ通報者「彼女とケンカしちゃった」

印刷

<1年前のワイドショー通信簿>酔っぱらったから来て!救急出動件数が多くの自治体で過去最多となった昨年(2010年)、こんな不届きな119番通報があとを絶たなかったという。同様に迷惑110番通報も急増している。昨年1月20日の日本テレビ系朝のワイドショー「スッキリ!!」は、「バカ日本人が警察力を弱める もはや治安問題だ」として、こんな呆れたバカモノを伝えていた。

【 (1)深夜、飲み屋で一緒に飲んでいた妻がいなくなった、と夫から110番。警官が駆け付けると泥酔状態の夫がいて「捜してくれ」と喚き続ける。横にいた夫の友人が「家に電話したら」と言い、夫が掛けたところ、妻は寝ていた。
(2)「彼女とケンカしちゃったけど、どうすればいいでしょうか」と若い男から110番。彼女のクルマでドライブデート中にケンカ、高速のサービスエリアに置いてきぼりにされた。
以上はまだいい方で、「今、何時ですか」「6才の子どもが泣いている」「雨戸を閉めてほしい」「ゴキブリを退治して」などなど。こうした身勝手な相談や要望の「迷惑110番」は、2009年1月-11月で96万8413件に上るという。】

   同じ期間の110番通報は825万4327件だったから、実に1割以上が緊急性のないもの、警察が取り扱うような事件・事故ではないもの、日常生活の苦情・相談などだったりしたわけだ。それによって、本当に緊急を要する出動が遅れたりしているのだから、「スッキリ!!」が言うようにたしかに「もはや治安問題」である。警察庁は「警察に対する要望や緊急性の低い場合は、専用ダイヤル警察総合相談電話『#9110』」にかけるよう呼びかけている。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中