ヤラセなんでしょ、泥棒姿で実家に侵入―10億ビューのためなら何でもありかい!?

印刷

「おもろゲ動画SHOW 投稿!1000000000ビュー」(TBS)2011年1月19日23時50分~

   視聴者からの面白映像を紹介する番組で、最優秀作品を「世界動画遺産」として認定。YouTubeで公開し、10億(ビリオン)ビューを目指すという。 この日は芸人による「ドキュメント 深夜の里帰り」という動画を紹介していた。どきどきキャンプ岸とカラテカの入江が深夜に実家に行き、勝手にカギを開けて中へ入り、各部屋の戸締りをチェックして回るというもので、2人とも泥棒メイクに唐草模様のふろしきという古典的な泥棒スタイルで、実家の防犯チェックに挑む様子を見せていた。
   4年も実家に帰ったことがなく、父親はNTT勤めでお堅いから、こんなことをすれば叱られるといいながらも家に入る入江。電気をつけず音も立てず実家のリビングや2階の自分の部屋の戸締りをチェックし両親の寝室へ。ところが、両親はいっこうに起きる気配もなく、母親の耳元で声を掛けるとようやく目を覚ましたものの、寝ぼけているのかおかしな応答をする母親。お堅い父親は起きることなくテレビには映らずじまいだった。
   岸家も入江家もどちらとも玄関のチェーンをかけていないのはおかしい。このご時世、普通はかけると思うのだが。チェーンがかかっていればそれでロケは終了になってしまう。事前に打ち合わせしたのではないだろうか。そもそも深夜に泥棒メイクの男が枕元に立っていたら、大声を上げるか何かするはず。やらせ?! 面白ければ何をやってもいいと思ったら大間違いだ。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中