2018年 5月 28日 (月)

KARAやっぱり来なかった…所属事務所ケンもホロロで話し合い決裂

印刷

   韓国の人気グループKARAは 結局現れなかった。きのう(2011年1月25日)は日本でテレビドラマ収録の予定があったのだが、ソウルで行われた所属事務所「DSPメディア」との話し合いが決着しなかったらしい。羽田空港で待ち受けた報道陣も空振り。

   KARAの5人と両親、代理人の弁護士と事務所側との話し合いは、午前10時から夜まで続いたといわれるが、弁護士によると進展がなかった。弁護士は「会社が公表しないでくれというので」と、内容は明らかにしなかったが、事務所からはマネージャー2人が出て「『善処します』というだけだった」という。

ネックは「契約期間短縮」

   韓国のメディアによると、KARA側は(1)経営陣の交代(2)マネージメントの改善(3)収益の清算内訳の公開(4)3~4年残っている契約を来年7月までに短縮――を求めているという。5人は一緒に活動したいという点では一致しているようだ。

日本から見るのと違う

   MCの加藤浩次「話し合いに進展がなかった」

   キャスターのテリー伊藤「事務所に突きつけた条件がきびしい。1番目と2番目は問題ない。3番目もどこまでというのはあるにしても、なんとかなる。が、4番目の契約期間は納得いかないでしょうね」

   東大教授もKARAには関心があるようで、ロバート・キャンベルもこう口をはさむ。

「韓国は完成品を出してくる。つまり投資をして成長を楽しみにしているから、元が取れる期間を計算していると思う。だけど友人に聞くと、予備軍がいくらでもいるという。そこが日本から見るのと違うと思う」

   おおたわ史絵(医師)「今は過渡期で、今後もっと海外に出て行くようになれば、もっとスマートにできるようになるのでは」

   加藤「なんとか早く解決しないと。長引くとイメージに響く」

   テリー「大人気だしボクも大好きです。やはり5つの星で動いてほしい」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中