押切もえ 今まででいちばんわかりやすい「源氏物語」

印刷

   モデルでタレントの押切もえが1月28日(2011年)のブログで、朝読書の様子を報告している。

   朝は7時前に起きてニュース、英語の番組をチェックしてから読書をする。今、読んでいるのは、古典文学者で作家の林望が書いた「謹訳 源氏物語」。「読みやすい!!」「表現が美しい!」と押切は絶賛している。

   ずっと読み続けていて、4巻まできたから、登場人物も増えてきたのがややこしい。でも、過去にも「源氏物語」の現代語訳を読んで、挫折したことがあったので、「やっと意味がわかりました」と納得の様子。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中