「相棒」シーズン9で過去最高視聴率叩き出す人気の秘密

印刷

   テレビ朝日系ドラマ「相棒」(水曜夜9時)が無敵の強さだ。とうとう、26日(2011年1月)放送の「season9」第13話「通報者」は2002年のシリーズ化以来最高の22・5%という視聴率を叩き出した。昨年末に映画「劇場版」が公開されたという追い風もあるが、秋からの今シリーズは20%台連発で、間もなく平均視聴率でも20%の大台に乗りそうだ。冬ドラマの多くが10%台半ばを維持するのに四苦八苦している中で、ケタ違いの人気である。秘密はどこにあるのか。

「まず脚本が毎回しっかりしてるし、水谷豊の右京警部らのキャラがきちんと立っている。謎解きの面白さに加えて、相棒コンビや周囲との軽妙なやり取りもマンネリ化していない。普通はシリーズを重ねると人気も話題性も落ちてくるものなのだけど、逆に尻上がりに良くなっているのだから驚きですよ」(民放番組制作者)

   1つ心配な点をあげるとすれば、2時間スペシャルのときに話がやや冗漫に流れることぐらいか。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中