放送作家に適性ってあるのかな…とりあえずこの「4条件+α」

印刷

   まだ就職先が決まらないという大学4年生が、今年はとりわけ多いらしい。就職内定率は1996年に統計を取り始めて以来の最低という。私が携わっている番組のバイト大学生も、全国を何度も駆け回って就職試験に挑んだと言っていたっけ。幸い、地方の企業で希望業種にありつけたらしく、ほっと胸をなでおろしていた。

   そういえば、私の就職も超氷河期と言われた頃だった。多くの学生が四苦八苦して仕事にありついたものの、すぐに転職したり仕事を辞めてしまう人が多かったのもこのころだ。「自分探しの旅」が持てはやされ、「若者はなぜ3年で辞めるのか」と言われた世代。恥ずかしながら、個人的な話をすれば、未だかつて就職したことはなく、万年フリーターのような仕事をしている身。フリーター歴10年ちょっとの私がとやかく言う資格はないのだが、就職難にあえぐ若者たちを見ていると、いったい適性とは何か、職業経験の少ない若者に向き不向きなどわかるのだろうかと疑問を持ってしまう。

「俯瞰」できればそこそこやれる

   では、万年フリーター的な放送作家という仕事の適性とは…。

「ある程度いい加減であること」
「人と違ったことが好きであること」
「お調子者であること」
「いかなる状況でも俯瞰できること」

と、これぐらいだろうか。そこで最後の「俯瞰」について考えてみたい。たとえば、ある番組が行き詰ってしまったとする。そこでどうすればいいかを俯瞰していれば、解決の糸口も見つけやすいというもの。そういうことがちゃんとできる人が売れる人間になっていく。

   だが、そのような人でも自分の行動となると、なかなか俯瞰することは難しいようだ。諸先輩を見ていても、私生活は意外と破たんしている人も多い。仕事では俯瞰できても、己に対してはできない。これって、占い師が自分自身を占うことはできないというのと、なんだか近い感覚があるような気がする。

   だいたい、作家が崩壊した私生活をネタに見なして、より奇抜な人生を送ろうとあらすじを書いても、なかなかそうはいかない。「事実は小説より奇なり」なのかもしれない。

   ところで、この言葉を最初に言った人は誰だったんだろうか。探してみると、イギリスの詩人バイロンが「ドン・ジュアン」に記述したものらしい。私生活は破天荒そのもので、貴族のボンボンの身でありながら、放浪の旅に出たり、華麗なるという言葉では収まりきらないほどの女性遍歴をしたりとやりたい放題の人生。36歳で夭逝。この短い人生の中で、彼は「事実は小説より奇なり」と感じたのだとすれば、ずいぶんと濃厚な人生だったに違いない。

恥ずかしい部分が重宝される

   思えば、芥川龍之介や太宰治もずいぶんと破天荒な人生を歩んでおり、作家では他にもそのような人は少なくない。小説家や詩人に適性を見つけようとすると、多少、破天荒な性格のほうが向いていますよとでもなるのだろうか。そんなネガティブなと思いながらも、これって意外にどの職業についても通じるのかも。職業の適性を自分のコンプレックスやウィークポイントを基準に考えてみてはどうだろう。人はとかく自分のいいところを過信して、その能力で押し切ろうとする面がある。だが、実際に人から重宝される部分は自分では隠したいような恥ずべき部分のコンプレックスだったりしないだろうか。人生って意外とそんなもののような気がする。

   あっ、最後に放送作家の適性をもう一つ。「天の邪鬼」。これも人には自慢できるような性格の一つではないが、この業界でほとんどの人がこのタイプなのもホントの話。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中