2018年 7月 18日 (水)

斎藤佑樹がやって来た!沖縄「チバリヨー」でもうタ~イヘン

印刷

   きょう(2011年2月1日)からプロ野球のキャンプが始まった。宮崎、沖縄と各球団それぞれだが、いちばんの注目は日本ハムの斎藤佑樹だろう。きのう那覇空港に着いた斎藤を1200人のファンが出迎えた。なかには、キャンプ地の名護市からわざわざバスで出迎えにきた「日ハム協力会」の応援団もいた。また、幼稚園では子どもたちの手形を押した横断幕を作っていた。キーワードは「チバリヨー(がんばれ)」だ。名護市内の商店では、さまざまな佑樹グッズ、フード、料理が登場している。

   ホテルに着いた斎藤は「空港にもたくさんの方がきていただいて、プレッシャーは大きい。早く慣れたい。プロの打者を見て、自分が通用するかどうか肌で感じたい」と話す。

経済効果は15億円

   沖縄から奥平邦彦レポーターが中継で出演、「温かいです」と寒暖計は15度。日ハムの宿舎ホテル前で張っているのだが、時間が8時と早めでまだ選手たちは現れない。スケジュールでは9時からの写真撮影のあと、キャッチボール、コンディショニングで初日は軽いメニューらしい。

他の選手は寂しい
他の選手は寂しい

   マツコデラックス(タレント)「インタビュー見てると緊張してきてる。かわいそうだよ。 やりすぎだよ。この番組の取材も含めて」(笑い)

   司会のみのもんた「みんな佑ちゃんだから、他の選手は寂しいだろうね」

   那覇から名護までは65キロ。ファンの多くはレンタカーで移動するのだそうだ。こうした諸々も含めて、佑樹の経済効果は15億円ともいわれる。週末にはさらに人が増えるだろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中