2018年 7月 20日 (金)

振り込ませない手渡し詐欺―新手口で被害急増中

印刷

   いったんは減少したかに見えた振り込み詐欺。しかし、一昨年(2009年)あたりから新たな手口の詐欺が急増し、昨年は6637件と、一昨年より45%増えた。被害額は100億円近くにもなる。「スッキリ!!」は新手の詐欺をレポートした。

警察官装い通帳やキャッシュカード

   新しい手口の特徴は「警察官や銀行協会の職員を装い、さらに口座に振り込ませるのではなく、通帳やキャッシュカードを取りに来る」という。

家族や近所の人に相談

   MCの加藤浩次「ある日突然、警察ですと電話が掛かってきたら、多くの人は信じ込んでしまうよね」

   キャスターのテリー伊藤「電話が掛かってきたら、冷静に対応することが大事」

   警視庁の振り込み詐欺対策官・三田豪士は「警察官が通帳やキャッシュカードを取りに行くことは絶対にない」という。

   ロバート・キャンベル(東大教授)「手口が以前の振り込め詐欺から手渡し詐欺に変わりつつある。電話が来たら家族や近所の人に相談することも必要。自分一人で決めないことだ」

   そうしたことは普段は理解しているが、電話がかかってきて動転すると忘れてしまうから被害にあうのだろう。いかにもお座なりなコメントばかりだった。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中