2018年 7月 22日 (日)

長友佑都「世界一のサイドバックになる」

印刷

   セリエAの名門「インテル・ミラノ」に入団した長友佑都が2月1日(2011年)、ブログで抱負を語っている。

   「インテルは僕の憧れのクラブでした。ただ僕はこのユニフォームを着ることが目的で選んだわけではありません」と長友はいう。

「ここで試合に出て世界一になるためにインテルを選びました」

   「世界一のサイドバックになる」という夢を持つ長友には、インテル入団はあくまで1つのステップに過ぎない。

   長友は「自分の夢をいくら叫んでも夢は叶いません。大切なのは行動に移すことそして、自分を信じて日々努力すること」とし、自身の最高を目指して努力すると誓っている。

   アジアカップ王者としてクラブ世界王者の名門に迎え入れられた長友。インテルの発表によれば背番号は「55」を付け、欧州チャンピオンズリーグの登録メンバー入りもした。初練習はきょう(2日)からで、4日に入団記者会見する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中