長友佑都インテル移籍―鳥越俊太郎のしまらない祝福コメント

印刷

   今朝(2011年2月3日)の「スパモニ」のトップは当然「相撲」だろうとタカをくくっていたら、さにあらず。サッカー選手の長友佑都のセリエA・インテル移籍であった。計ったのか計らずか、絶賛されるサッカー(選手)と、それにひきかえ相撲は――という対比となった。

中田英寿とは違う

   インテルはとにかくスゴい。5連覇でスゴい、選手の年俸総額がスゴい、モラッティ会長が金持ちでスゴい…ウンヌンがスタジオで伝えられ、赤江珠緒キャスターも「鳥越さん、これは日本のサッカー史に残る移籍といっていい」と、「インテル移籍」の大偉業を大仰に持ち上げた。

   話をふられたコメンテイターの鳥越俊太郎は、ナカタを回顧し、長友とくらべるというスタイルでコメントしたのだが、どうにも手を抜き、気も抜いた感じのしまらない祝福であった。

「だいぶ前になるが、中田英寿選手が名前忘れたけどイタリアのチーム(ペルージャ)に移籍した。そのとき、世界でもトップクラスのイタリアに行けた日本人が出た(それ以前にキングカズがセリエAでプレーしている)と興奮したが、それにくらべるとナガトミ(と発音しているようにしか聞こえない)選手の今回の移籍は、もうちょっとレベルが上かな。喜び方も違うなと。ゥエー(嘔吐風)という感じ」
文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中