MVPはGK川島でしょ!ギョロ目迫力素晴らしい

印刷

「サッカー・AFCアジアカップ・決勝 日本×オーストラリア」(テレビ朝日)2011年1月29日23時54分~
「サッカーアジアカップ・決勝 日本×オーストラリア」(BS1)2011年1月29日23時~

   深夜の時間帯に平均33%以上、テレ朝ウハウハ。筆者のようにBS1も同時につけて両方を見ていた観客もいるだろうから、この視聴率は凄い数字だ。考えてみると、深夜の午前2時過ぎに日本人の何百万人もが同じ画面を見ているのは不気味な光景でもあるのだが。
   最初は大型画面で見ていたが、日本のピンチが多くて(ただし、豪州選手のシュートは正確さを欠いた)延長戦の前にベッドに移動し、ワンセグで見始めたら、あらら、体格のいい豪州選手の動きに微妙な鈍さが窺えるようになった。「これはひょっとすると・・・」と考え直して、また、ムクムク起き上がりリビングに移動し大画面へ。
   それにしても長友のアシストと李のシュートは、言っちゃ悪いが、CGのパターンで出てくるモデルケースのように、絵に描いた軌道をトレースしたので出来過ぎで笑ってしまったほどだ。しかも、小説のような、たった数年前に帰化したばかりの在日4世の選手が美味しいところを持って行ってしまった。神様も粋なことをなさる。
   1度退場になったので減点されたのだろうが、少なくとも準決勝と決勝に於いてのMVPは川島だと思う。両手ばかりでなく、足先まで5体をフルに使っての防御は素晴らしいのひと言だった。川口選手のギョロ目も頼もしかったが、川島のギョロ目も迫力があった。
   テレビ中継的には文句もあるが優勝したのでパス。解説者への不満もパス。大盤振る舞いで☆も加算、こいつぁ春から縁起がいいわい。

(黄蘭)

採点:2
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中