AKB48小林香菜 「学力テストもう間違いだらけ」

印刷

   AKB48の小林香菜が2月5日(2011年)のブログで、番組企画で受けた「学力テスト」を話題に。「間違いだらけ」と肩を落としている。

   毎週金曜日放送中のバラエティ番組「週刊AKB」の企画で、「学力テスト」に挑戦した小林だが、「かなゎ見事間違えだらけ」と本人も笑うほどだ。たとえば、アメリカの発明家トーマス・エジソンの名言を「『天才とは1%のきせきと99%のかけ』である」と誤答。イギリスの充実した社会保険制度を示すスローガンを「死ぬなら墓場まで」と誤答。これは、映画やドラマのシーンで、「死ぬなら墓場まで持っていけ!」というセリフを思い出したからだという。

   ほかにも、1492年にコロンブスが見つけたのは「情熱大陸」。「アメリカ大陸なんて誰が思いつく」「普通に考えたら、情熱大陸しか思い浮かばんょ(笑)」と釈明する。最後に、音楽の問題では、童謡「メダカの学校」で川の中のメダカたちがしていたことを聞かれ、「トイレ」と答えてしまったらしい。「たくさん間違えて自分でもあきれました」と小林。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中