2018年 7月 18日 (水)

長友インテルのユニフォーム「ミラノまで買いに来た日本人」

印刷

   イタリア・セリエAのインテルに移籍した長友が6日(現地時間=2011年2月)のローマ戦で途中出場でデビューした――という情報は、2日(昨日は速報扱いだったようだ)続けてこのスパモニでは流れた。

   長友フィーバーは、彼のレプリカユニフォームにも波及しているらしい。ところが、国内のスポーツショップでは「移籍が電撃すぎたので間に合ってない。急いで取り寄せているが、いつ入ってくるかは未定」(スタッフ)という状態。

落胆しますよ

   ならば本場イタリアで――とばかり、ミラノのスポーツショップで長友@インテルのユニフォームを買おうとする日本人サポーターもいるようだ。あるショップで、「長友のユニフォームがここにあるって聞いて来た」という女性は、その店が急遽仕入れた25着はすでに売り切れたという知らせをリポーターから聞かされることになった。

   「うわー、超残念! 日本から来たのに! 奈良県生駒郡からやってきたのに」という別の日本人サポーターも。

   「まあユニフォームだけ買いに行ったのではないと思うんですが…」と深読みする小木逸平アナに対し、コメンテイターの鳥越俊太郎は「でもイタリアに行って買えると思ってたら、買えないと。これは落胆しますよ、ホントに」と同情していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中