「十両・幕下格差」ハングリー精神養うか? 生存権の問題か?

印刷

   十両と幕下の待遇の大違いが八百長を助長してるのでないか――。これは八百長メール以後、スパモニのなかでも繰り返し、議論されている問題であり、コメンテイター陣の見解は幕下の待遇を上げるべきだというのが大勢のように思える。

   しかし番組が複数の元力士に取材したところ、「格差や待遇の違いがハングリー精神を養う」(元隆乃若)などといった理由で、幕下の待遇改善には消極的な見解が返ってきたという。

最低賃金ぐらいは……

   これを聞いて、腹を立てたのはコメンテイターで作家の若一光司。「幕下の人たちは最低賃金にも満たない可能性がある。そんな格差をつけてハングリー精神の根拠にする発想は根本的に間違ってる」と声を荒らげた。

大リーグとマイナーの待遇

   一方、ジャーナリストの大谷昭宏は「最低賃金ぐらいは払うのが当然」としつつ、「外国でも大リーグとマイナーの待遇はどのぐらい違うか。すごい格差があって、なんとしてでも上がりたいと――」と、格差とハングリー精神の効用を説く。

   「ならば、幕下の人たちの生存権を保障しつつ、上(の地位の力士)も(給料を)上げて、格差をつくればいい」と若一。「相撲協会は、いままでどれだけ大きな内部留保を持ってきましたか」と、カネを貯めこむばかりで従業員への還元が少ない(?)協会に矢を向けていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中