元カリスマキャバ嬢・立花胡桃 「想像以上に難産でした」

印刷

   元カリスマキャバ嬢で知られるタレントの立花胡桃が2月7日(2011年)のブログで、出産を報告した。

   予想していたよりもちょっぴり小さい2718グラムの男の子。「胎盤は直前で位置が正常に戻ったんだけど、回旋異常(赤ちゃんの顔が逆向き)で想像以上に難産でした」と振り返る。

   出産の時、試したことは「ゴルフボール」と「オロナミンC」だという。ゴルフボールは陣痛を楽にする腰マッサージをするため、オロナミンCを飲んで出産するときの「馬力」になったと笑う。

「産まれて初めて我が子を抱いた瞬間涙が止まらなかった。凄く小さくて、愛おしくて・・・命って凄いね」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中