三浦皇成、先週勝ったけど目標は「獲るぞGIタイトル」

印刷

   東京競馬場で行われた第61回東京新聞杯・GIII(2011年2月6日)を制した三浦皇成騎手が2月8日、自身のブログでレースを総括した。

「皆さん、応援本当にありがとうございました!!」「最後は鼻差の大接戦でしたが、着差以上の強い内容でした」

   三浦とスマイルジャックとのコンビで3勝目を挙げた。このコンビで思い出されるのは昨年11月のマイルチャンピオンシップ・GI。この時、三浦は前日の怪我のため、騎乗予定だったスマイルジャックに乗れずに悔しがっていた。当時のブログにも「ジャックの存在の大きさと、ジャックが大好きという気持ちが、乗れなかった事で改めて気づかされました」と書き込んでいたほどだ。

   それだけに、勝利もさることながらレースの最中も「返し馬の時、ジャックの背に僕がいる。この実感が何より一番嬉しくて」と万感の思いでいたようだ。ただ、1つの勝利は通過点に過ぎない。「今年は(GIタイトルを)なんとしてもとりたいし、ジャックにもとらせてあげたい」とさらなる意気みを語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中