白鵬「ないとしか言えない」八百長やってないか?見たことないか?

印刷

   相撲協会の八百長に関する聞き取り調査がきのう(2011年2月9日)までに十両以上の33人について行われたが、新たな関与は出てこなかった。協会はまた、力士への給与、部屋への補助なども本場所通りに支給することも決めた。八百長に関与した力士にも処分が出るまでは支払われる。

   この日、横綱白鵬が騒動以来はじめて報道陣に口を開き、微妙な発言があった。白鵬はまず「全国のみなさん、相撲を愛する皆様に、力士代表として心からお詫びしたいと思います」と頭を下げた。

   春場所の中止には「残念です。心に大きな穴があきました」と表現した。そのあとだ。記者が「横綱自身の八百長への関与、見たり聞いたりは?」という質問に、失笑を見せながら「ないということしか言えないじゃないですか」と言った。では、あったということなのか。

クロ認めた力士・親方にも給与や補助

   過去の八百長については、大麻事件で追放になったロシア人の元若の鵬が、今日はフロリダからの映像付きで「大きいお金入ったが、触りたくなかった。先輩が長く相撲をやるのならみんなと一緒にやれといわれた」などと話していた。

検査役もいるのに

   これに相撲ジャーナリストの杉山邦博は「大麻で追放された人の話に耳を傾けたくない」

   司会のみのもんたが「まだ出てくる可能性もあるでしょ」と聞いたが、杉山は「過去を蒸し返しても不毛だ。前へ進まない」

   それは違うだろう。だいたいジャーナリストだって八百長には感づいていたはず。しかし、ものいいたげなみのも口をつぐんだ。話は八百長を認めた力士にも給与が支払われるのはどうかと、杉山はそっちへ話を振った。

「一般の人が納得するかな」

   三屋裕子(スポーツプロデューサー)「親方預かりとか、部屋預かりとかにできなかったのか」

   北川正恭(元三重県知事)「今回は払うべきではなかった」

   みのはなおも「土俵の周りには検査役がいるのに、八百長がわからないのか」とこだわる。

   松浪健四郎(元文部科学副大臣)も「わかるでんしょう?」

   しかし、ここでも杉山は逃げた。

「監察委員が高いところにいて機能していない。勝負審判のいる土俵際に座るのも手ではないか」

   みの「行司差し違えとかいって、パッと手を挙げるでしょう。一般にはわからないものもちゃんと見ている人が何人もいて…」

   杉山「話題の八百長の取組でも、得意の取り口じゃないのが勝っているから、 うーんとは思ったが、プロの人たちならもっとわかるのかなと…」

   結局は素人にはわからないレベルの話か。力士たちが口を開かない理由もそれかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中