「八百長・相撲賭博・ウラ社会」3点セットこそ「ウミ」発生源

印刷

   ウミをすべて出して――。相撲(協会)についてのコメントでは常套句とも言えるセリフだが、今朝(2011年2月10日)、番組にゲストで来たスポーツジャーナリスト二宮清純は、そのウミのなかに、最近忘れられがちな「相撲賭博」が含まれていると主張した。

   二宮によれば、「八百長と相撲賭博はセット」なのであり、そのウラには胴元などをつとめるウラ社会の存在がある。この三者の「悪のトライアングル」にメスを入れて真相を究明しなければ、今後も同じようなことが起こるというのだ。

二宮清純「悪のトライアングル」

   たしかに、古今東西の八百長の多くが(非公認)ギャンブルとの結びついて行われてきた――ことは紛れもない事実だ。一方、最近の番組などの八百長報道を見れば、互助的、生活防衛的な面が取り上げられている。また、元若ノ鵬は、先輩から八百長は相撲の伝統だとして、強要されたと番組の取材に語った。そんなことを受けて、「力士もある意味で被害者ではないか」(東ちづる)と少々気の毒がるコメントも聞かれる。

   先の野球賭博事件に関連して、相撲賭博もちょこっとハナシが新聞に出たが、相撲協会はそこに踏み込んで調べようなどはとしない。メディアにも掘り下げる機運が見られないことが、二宮には残念に思えるのだという。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中