三倉茉奈・佳奈、イチローと食事 「サンデル教授のことで議論」

印刷

   双子タレントの三倉茉奈佳奈が2月9日(2011年)のブログで、MLBシアトル・マリナーズのイチローと1年ぶりに再会したと報告した。

「イチローさんとお食事行ってきました」

   イチローとの出会いは15年前、共演したバーモントカレーのCMがきっかけだという。2人が10歳、イチローが25歳くらいだったと覚えている。

   姉・茉奈のブログによると、1年ぶりの再会でまずは、10年連続200本打の金字塔を打ち立てたイチローを祝福。ストール、赤いベルト、ドット柄の手袋をプレゼントすると、イチローは「おっ!いいねー」と言って、気に入ってくれたそうだ。

   食事中の会話は多岐におよび、「サンデル教授の議論のことも色々話したし、意見を聞いたよ」。話題のマイケル・サンデル ハーバード大学教授の政治哲学について議論になったらしい。ただ、会話の中で、もっとも印象的だったのは

「自分で決めたことに『失敗』はない」

というイチローの言葉。自分を信じて、前向きでいることはイチローにとっての「正義」なのかもしれない。

   一方、妹・佳奈のブログによると、世界を舞台に活躍するイチローだが、ふだんは明るいお兄さん。いつも姉妹の話を一生懸命に聞いてくれるし、「(ボクは)2人の頑張ってる話を聞くと刺激をもらえる」と勇気づけてくれる。

「フィールドは違うけれど、また来年イチローさんにお会いした時、良い報告ができるような、そんな自分になれるように頑張りたいです」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中