徳澤直子 「メジャーリーガーの妻、想像がつきません」

印刷

   ファッションモデルの徳澤直子が2月9日(2011年)のブログで、専属モデルだった女性ファッション誌「CanCam」の卒業、モデル休業をあらためて報告。これまでの自分を振り返った。

「かれこれ9年、自分の夢を追いかけて、ただ好きな事を、自分がやりたいことをやるためだけに走ってきました」

   自分にとって一番大切なことはモデルの仕事――ずっとこう思い込んで向き合ってきたのは、そうでないと、自分が自分でないような感覚さえあったから。17歳の時、オーディションを受けたステージ上で、

「誌面で笑っている自分を見て、誰かも笑顔になってくれたら嬉しい」

と話したことは、今となっては「いい人ぶって」いたとも思える。が、実際は、誌面を読んでくれる女の子たちからのリアクションや応援があって、「本当に嬉しかったです」と感謝の言葉を寄せている。

   昨年7月に入籍した徳澤の夫・西岡剛は今シーズン、プロ野球千葉ロッテ・マリーンズからMLBミネソタ・ツインズに移籍。「多分、これから私の置かれる環境もめまぐるしく変わって、私も日に日に変わっていく」と彼女が覚悟しているのは、メジャーリーガーの妻として、新たな人生を踏み出すことになるからだろう。

「家庭を優先させながらだと、どうなるものか私も想像がつきません」「とにかく今は、今までの自分に、お疲れさまかな」「今までモデルとして応援してくれたみんな、ありがとう」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中