わが子手放した母、捨てられた娘…37年の人生と思いが交錯

印刷
(C)2009, Mother and Child Productions, LLC
(C)2009, Mother and Child Productions, LLC

愛する人> 『彼女を見ればわかること』『美しい人』のロドリゴ・ガルシア監督の最新作。原題は『Mother&Child』。『愛する人』という、なんとも漠然とした邦題をつけられたせいで、パッとしない印象になっているのがもったいない! さまざまな親子のあり方を丹念に描いた秀作だ。

許せるのか、許されるのか

   ロサンゼルスに住むカレン(アネット・ベニング)は14歳の時に恋に落ち妊娠するが、母の反対にあって出産と同時に娘を養子に出す。それから37年後、51歳のカレンは老いた母と暮らしながら、いまも娘を手放したことを悔やみ続けていた。

   一方、孤児として養子に出された娘・エリザベス(ナオミ・ワッツ)は敏腕弁護士となっていた。自立を重んじ、男に縛られたくないと結婚はしていない。

   実の親子でありながら、会うこともなく生きてきた二人。しかし、エリザベスは予想外の妊娠をしたことで「母」を意識し始める。また、カレンも介護の末に母を看とり、より強く「娘」への思いを募らせていく。ある日、二人はそれぞれに、37年前に仲介役となった養子縁組施設に思いを込めた手紙を託すのだが…。

   一方、カレンとエリザベスの展開をよそに、また別のストーリーが進む。ルーシー(ケリー・ワシントン)は子どもが産めない。そこで夫と合意のうえ、養子を迎えるために、かの養子縁組施設を訪ねていた。待っていたのは、望まぬ妊娠をしてしまった20歳の女性。ここでも母になりたいルーシーと、母になることを拒む女性との「母」と「子」をめぐる物語がある。

   カレン、エリザベス、そしてルーシー、3人の女性たちのそれぞれの運命。カレンとエリザベスは果たして巡りあえるのか、そしてルーシーの人生がこの母娘の人生とどうリンクしていくのかが最大の見所だ。

こんな生き方もあるんだ…

   この作品の魅力はその感動的なラストだけにとどまらない。脇役たちのちょっとしたシーンに実はたくさんの意味が隠されていたりする。とくに終盤、いままでルーシーに疎まれていた母親が彼女を叱咤する場面は、見ているこっち側まで圧倒される。わずか数十秒のシーンながら、この母の歩んできた生き方がありありと見えてくるのだ。

   他にも、カレンの恋人やエリザベスが出会った盲目の少女・ルーシーと養子縁組をする20歳の女性など、ガルシア監督は脇役一人ひとりにもきちんと人生を設定し、いろんな人生のあり方、親子のあり方を私たちに提示してくれている。役者たちもまるで本当に存在する誰かの人生を見ている気にさせてしまうほど、演技の実力を発揮していてすばらしい。

   映画は星の数ほどあるが、「こんな生き方もあるんだよ」と教えてくれて、映画館を出てからもじっくりと考えたくなるような、奥行きの深い作品に出合えた時ほど満ち足りた気分になることはない。というわけで、今回は星5つ。女性にはとくにオススメ!

バード

オススメ度:☆☆☆☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中