正田樹、レッドソックスとマイナー契約「またスタートラインに立てる」

印刷

   元日本ハムの正田樹投手が2011年2月11日、米大リーグのボストン・レッドソックスとのマイナー契約をブログで発表した。

   正田は「昨年の11月にアメリカに渡り、トライアウトを受けた結果、オファーをいただきました」と明かし、「トライアウトからすぐに、オファーはいただいていたのですが、正式にサインをするまでは発表をすることが出来なくて、みなさんにはご心配をおかけしました」と説明。「またスタートラインに立てる喜びと共に、今回の挑戦もたくさんの方々に支えていただきましたので、感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びを綴っている。

   正田は2000年にドラフト1位で日本ハムに入団し、02には新人賞に輝いた。07年3月に阪神に移籍したが、08年には戦力外通告を受け、その後は台湾でプレーしていた。

   正田は日本時間の23日、チームに合流する予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中