2018年 7月 20日 (金)

小向美奈子どこにいる?マニラの「逃がし屋」ルートで潜伏

印刷

   「日本の警察が現地で捜査できないものですかね」と司会の加藤浩次はまどろっこしさを訴えた。覚せい剤取締法違反で逮捕状を取り、警視庁が行方を追っているタレントでストリッパーの小向美奈子。先月21日(2011年1月)にフィリピン・マニラに向けて出国していたことが確認された。「スッキリ!!」は阿部祐二リポーターがマニラに飛び、小向の足跡を追った。

現地新聞も報道

   阿部によれば、小向は2月10日までマニラのビジネス街にある一流ホテルに滞在していたことが確認できたが、チェックアウト後の行方が分からないという。小向は2月8日に滞在ビザの延長をしているが、この日は小向に逮捕状が出ていることが明らかになった日。明らかにその情報を知ってビザの延長をしたととれる。

ますます帰りにくい

   彼女はどこに逃げたのか。阿部はフィリピン在住15年の寺尾栄造という人物にインタビュー。

   寺尾「逃がし屋と呼ばれる人間がいるので、そのルートでどこかに潜伏しているのでは」

   コラムニストの勝谷誠彦は、「彼女が滞在していたホテルはマニラの中心街であるマカティーですよね。よくそんな賑やかなところに素顔をさらしていられたものだ」と呆れ顔。キャスターのテリー伊藤は「日本の警察をナメきっている。海外にいる間は時効も停止するので、彼女はますます帰りにくくなった」と話す。

   阿部は今朝の現地紙で、初めて小向の逃亡劇が報じられたことも紹介。

   阿部「これでフィリピンの入管当局も動かざるを得なくなるでしょう」

   小向はどこまで逃げ切れるのか。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中