福祉大相撲中止で予定狂った!NHK自腹で車両寄贈

印刷

   八百長問題でNHK厚生事業団が毎年開催していた「NHK福祉大相撲」は中止になったが、予定していた福祉車両の寄贈はNHKサイドが自腹を切ることになった。同事業団は福祉大相撲の収益金や寄付金で秋田県や大分県の社会福祉法人など5団体を通じて、福祉車両4台(日産自動車が1台寄付)を贈ることになっていた。

   福祉大相撲の中止で収益金などはなくなったが、寄贈はすでに老人ホームなどに通知しており、取りやめるのはいかがなものかということになって、事業団創立50周年記念事業という形で贈ることになった。事故負担額は約900万円。これまでは車両のボディーに「福祉相撲」のロゴが入っていたが、これは入れない。当然ですな。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中