世界の強権独裁者は戦々恐々―カダフィの次は俺

印刷

   北アフリカ、中東に広がるネット革命が、強権で知られるカダフィ大佐の独裁国家リビアに飛び火し内乱状態になりつつある。

   徹底した言論統制で41年間も君臨してきた鉄壁の守りが崩れようしており、カダフィ大佐の南米ベネズエラ脱出まで伝えられている。

   キャスターの小倉智昭が中東情勢に詳しい敬愛大学の水口章教授に電話取材し、傭兵を使って民衆を銃撃しているという情報を伝えた。

   治安部隊対反政府デモを超えて、今や内乱状態という様相は厳しい言論統制のために詳細は分からないが、ひどい弾圧が行われているらしい。アフリカ各地から雇った傭兵がデモ隊の頭や胸を銃撃。これに反発した政府軍の一部が傭兵に反撃しているという情報もある。デモ隊へ向け空軍機が爆撃しているという情報も。この空らからの攻撃命令を拒否した空軍機2機が、地中海のマルタ共和国に亡命したという話も伝わっている。

リビアは4男が後継者

   そんな中で、カダフィ大佐のベネズエラ脱出説。水口教授が小倉の質問に次のように答えた。

すでに亡命説

―ベネズエラ脱出という情報がありますが。

「アフリカのどこかの国が受け入れるという意見が強かったが、ベネズエラのチャベス大統領とはいい関係にあります。リビアのサッカースタジアムにチャベスの名前が付いているところもあるほど」

―ただ、カダフィ体制そのものは崩壊しても、政治状況は変わらないということもあり得ますね。その場合、次男(セイフルイスラム)が後を引き継ぐということになるのですか。

「一部では4男(ムタシム)の陸軍少尉が引き継ぐのではとも言われている。クリントン米国務長官とも会談したことがあり、アメリカとのパイプを持っていて、アメリカはこの4男が後継者と見ている。武力で抑え込めればカダフィ一族が形として残る。 ただ、今の状況は部族間との内戦状態になりつつある。とくにワルハラという急進的な大きい部族が政変にかかわっているようだし、いくつかの部族もあちこちでデモを起こしており、カダフィ一族が残る可能性は少なくなっている」

ベラルーシ、ジンバブエ、ベネズエラに飛び火

   カダフィ政権の行方次第では同様の反政府デモは世界中に飛び火する可能性が一段と高まる。ニューズウィーク日本版編集主幹の竹田圭吾が指摘するのもこの点で、「独裁的な指導者がいるのは、中央アジアではベラルーシ、トルクメニスタン、アフリカではジンバブエとかスーダン、南米ではベネズエラ。世界中にいますから、これを見て市民は何かできるのではないかというのが大きい」と予測する。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中