2018年 7月 21日 (土)

パンダ来日「名目は繁殖研究」―発情は年1回の難しさ

印刷

   昨日22日夜(2011年2月)、ジャイアントパンダ2頭がついに中国から来日した。パンダ――正確にはパンダを上野動物園に運び込むトラック――を見に、マスコミや見物が殺到。「すごい歓迎ぶり」(赤江珠緒キャスター)となった。

すごい歓迎ぶり

   ところで、レンタルパンダを招聘した本来の(?)目的は「繁殖のための共同研究」だ。2頭は人間の目論み通り、子を増やしてくれるのだろうか。

   しかし、それは客を増やすことよりは難しそうだ。兵庫神戸市立王子動物園の副園長は、番組の取材に対して、「恋の季節が1年に1度しかないので、パンダの繁殖は難しい」と証言。同園では現在メスパンダの「研究」を行っているが、かつては彼女の繁殖のお相手に――と期待されたオスがいた。ただ、このオスは昨年、約8年間の失意の(?)同居生活の末に死去したという。

   ちなみにパンダは「相手が気に入ると『メー』と羊のような声を出す」(副園長)。反対に気に入らないときは「ワン」と犬のような声を出すそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中