釈由美子 「脚が一番のコンプレックス」

印刷

   タレントの釈由美子が2月21日(2011年)のブログで、読者から寄せられた、脚痩せについてアドバイスしている。

   昔から「脚が一番のコンプレックス」だという釈。筋肉質なので、ちょっとでもハードな運動をすると、太ももとお尻は脂肪の上に筋肉がついてしまう。「余計、たくましい脚になっちゃうんだよね」と悩んでいるそうだ。

   運動しても思うような効果が出ないのは「きっと代謝が落ちちゃっているのでは」と指摘する。体が冷えていると、リンパの流れが悪くなり、老廃物も滞りがち。血液中にも新鮮な酸素が行き届かないので、「脂肪を燃焼できていないことが考えられるかも」。

   そんな時には、たっぷりの塩と日本酒1合ほどを入れた風呂で、いつもより長めの半身浴をしたり、マッサージをしたりするといい。また、トレーニングが苦痛だと感じるときは、心と体がちぐはぐになっている証拠。少し休んでから、楽しみながら取り組んでみては、とエールを送っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中