木下優樹菜 「自慢の最高な旦那さんです」

印刷

   タレントの木下優樹菜とお笑いコンビ「FUJIWARA」藤本敏史の結婚披露宴が2月20日(2011)、都内で行われた。参加者たちもブログで、その様子を書き込んでいる。

スザンヌ「花嫁姿で出てきた瞬間から号泣」

   新婚の2人が結婚前から、自宅に遊びに来てくれたり、子どもと遊んでくれたりしてくれたというつるの剛士。家族ぐるみで親しくしているので、子どもたちも連れて披露宴へ。会場では、多くの芸能人、タレント、モデル、歌手と会った。お祝いや余興が最後までノンストップで続き、爆笑と感動があったという。

「二人もとても幸せそうでとにかく最高の結婚式でした」

   その披露宴で、つるのの子どもたちと遊んでいたのが上地雄輔だ。席上、つるのからは「ゆーすけの結婚式…凄そうだな」と言われてしまったそう。自分の結婚式は、誰を呼んでよいか収集がつかなくなるから、身内だけに――こんなことを考えていたらしい。

   スザンヌは「ゆきちゃんが花嫁さんの姿で出てきた瞬間から号泣」と振り返る。木下は本当にキレイで可愛かったし、藤本も凛々しく見えたからだ。これまでのことをずっと知っているから、ゴールインには感動。何度も「おめでとう」を繰り返したそう。「幸せに前向きに、2人力を合わせて頑張って」と祝福の言葉を寄せている。

   花嫁の木下優樹菜も2月22日、あらためてブログを更新した。当日は式がはじまる前から緊張してしまい、夫と一緒にそわそわしてしまった。扉が開いたときは「すごぃ大人数で頭の中真っ白になりかけた」が、素敵なパーティーだったことには間違いない。「芸人さんって、この世で一番ステキな職業」と華を添えてくれた夫の芸人仲間にも感謝。それから、面と向かっては言えないけれど、藤本のことは「自慢の最高な旦那さんです」と誇らしく思っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中