猫はコタツで丸くならない―雪道の散歩に大喜びのチビ

印刷

   この冬は寒く、大雪の話題が引きも切らずといったところ。そんなとき、古い童謡によれば、犬は喜んで庭を駆け回り、猫はコタツで丸くなると相場が決まっている。だが、動画サイトのニコニコ動画では、そんな固定観念をくつがえす猫の動画が評判だ。

   雪が降り積もる住宅街のアスファルト道路や公園。白く人気のない町を飼い主とお散歩しているのは――猫である。チビという愛称で呼ばれるこの猫は、雪道を足取り軽く、首輪の鈴を涼しげに鳴らして駆け回る。

   「かわええ」「俺の飼ってるぬこ(猫)と違う」「こたつに入りっぱなしのうちの犬…」。視聴者からは賞賛と驚きの声が上がった。

雪が消えたら「ショボーン」

   チビを撮影しながら、一緒に散歩しているのは動画投稿者の「親父」だという。だが、この男性は猫と違い、寒い雪道を歩くのが辛そうだ。呼吸が荒く、咳き込んだり(投稿者によればぜんそく持ちだという)している。そのうちに雪が強まり、親父は完全に音を上げた。「チビ帰ろう。もう寒い」「ほら、足ちべたい、ちべたい。帰ろう」「おいで、抱っこしてったろうか」。だが、チビは知らぬふり。

   その翌日、雪はほとんど溶けて、消えてしまった。この日、チビと親父はまた散歩に出た。が、一歩、外に出ると、チビは昨日とは違う光景を見て、あきらかに戸惑い、「(´・ω・`)ショボーン」http://www.nicovideo.jp/watch/sm13599802と、テンションが下がっていた。哀れな声で鳴いたりする様子が、今度は見る者の同情を誘っている。

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中