八木沼純子いまだに「顔だけ」…解説も素人の感想レベル

印刷

「2011四大陸フィギュアスケート選手権大会 男子ショート」(フジテレビ)2011年2月18日21時~
「2011四大陸フィギュアスケート選手権大会 女子ショート 男子フリー」(フジテレビ)2011年2月19日19時57分~
「2011四大陸フィギュアスケート選手権大会 女子フリー」(フジテレビ)2011年2月20日19時~

   3日合わせて約7時間半のフィギュア漬け! 疲れた~~が面白かった。フィギュアの本物の魅力に比べたら、作り物の「江~姫たちの戦国~」などは全く見る気がしない。薄っぺらで子供っぽくて劇的感興もない。20日、日曜日の「江」は多分、フィギュアに相当お客を取られているはずだと予測していたら、案の定、視聴率は20パーセントを陥落して18パーセント台に落ちてしまった。
   男子の高橋大輔、羽生結弦が1位と2位、女子の安藤美姫、浅田真央も1位と2位は出来すぎで、解説に出ている八木沼純子がかつて代表だった頃には、毎度ころころ転びまくって、「いいのは顔だけ」と悪口を言っていたものだ。ところで、その八木沼の解説が冴えない。前にも書いたが素人の感想並み、荒川静香には遥かに劣る。
   スポーツのテレビ放送では、総じて応援が盛り上げ過ぎで煩いのだが、フジは高島彩らの割に知的なアナウンスで落ち着いていてよかった。ただ、毎度不満なのは肝心の情報を寄越さないことである。スポーツ紙では、ちゃんと書いてある採点のディテールだ。今回、浅田もほぼ完璧で、フリーでは安藤を上回るかと思ったのに、点が低かった。プロの審査員から見れば回転不足になるような微妙な採点の詳報が聞きたい。審査員の個人名を伝えない不文律でもあるのか。少なくとも、どの国の審査員が参加していて、男女別の割合はどうかという内容が全く伝えられないのは大いに物足りない。

(黄蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中