「NZ地震」足切断青年の気丈「落ち着こう!」と呼びかけ

印刷

   ようやく到着した救助隊に「足を切るぞ!」と宣告され、「あとは麻酔で分からなくなった」という。

   ニュージーランドのクライストチャーチで起きた地震で、倒壊したキングスエデュケーションがあったビルから9時間後に救出された富山外国語専門学校1年生の2人の学生が、生々しい極限状態の体験を語った。

   足と骨盤を骨折した女子学生(19)は地震発生の瞬間は、昼時でカフェテリアにいた。 「すごく揺れて、机の下に避難したが」そのまま足元の床が落ち、「何も見えなくなった。ヘリコプターの音は聞こえていましたが…」

   数十分後、「友達が話しているのが聞こえました。『先生が助けを呼んでいる。息をするだけでいい』という声が聞こえるのも分かりました。動けなくて痛くて、(自分は)何も言えなかった」という。

「足切るぞ」にも「だいたい覚悟」

   この声を掛けたのが、右足のひざ下を切断した同級生の奥田建人さん(19)だった。

よく頑張ったねえ
「普通に、落ち着こうみたいに8~10人ぐらいに声をかけた」

   このあと携帯電話を取り出し、「兄ちゃん『警察に電話して』と電話したら、折り返し大使館から電話がかかってきたので携帯電話を先生(亀遊友子先生)に渡した」という。

   この電話をきっかけにビルの救助活動が進んだようだ。まず、女子学生が「救助隊の声が聞こえたので、『ヘルプ』といって」助けを求めたという。

   奥田さんのところへも救助隊が到着したが、思わぬことを言われた。

「足を切るぞ」

   奥田「あとは麻酔をかけられて分からなくなった。最初は痛かった足がだんだん感覚がなくなった。足を切断することはだいたい覚悟していた。取りあえず命があったので、助かってよかった。まだ助かっていない人を早く助けてほしい」

   キャスターの小倉智昭「よく頑張ったねえ。奥田君は気丈な青年ですが、彼が持っていた携帯電話がなかったら、ひょっとしたら救出が遅れていたかもしれないね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中