岡崎慎司 ゲオルクにドイツ語のスパルタ教育受けてます

印刷

   今シーズンからサッカー・ドイツリーグでプレーする日本代表FW岡崎慎司(シュトゥットガルト)が2月24日(2011年)のブログで、近況を報告した。

「ようやく少しチームメイトとも話できるようになってきたわ。片言ですけど何か!?」

   英語を使いながら、熱心にドイツ語を教えてくれるのがチームメイトのゲオルク・ニーダーマイアーだ。岡崎が彼に「来い」という日本語を教えたのがいけなかった。彼はいつも、「常にドイツ語しゃべれ」という意味を込めて、「来い来い」と岡崎に寄ってくるらしい。

「俺は全然気が抜けなくて、最近では夢にもでてきますわ。スパルタ教育とはこういうことか」

   そんなゲオルクとはふだんから親しく、食事にもよく行く間柄。親しげなツーショット写真も掲載されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中