2018年 7月 22日 (日)

川内優輝・高校職員ランナー優勝「きょうは願書受付で大忙しです」

印刷

   きのう(2011年2月27日)行われた東京マラソンで、市民ランナーの川内優輝(23)が3位に入った。日本選手最高で、2時間8分37秒は「世界選手権出場基準」をクリア、代表に内定するという快挙だ。

   8分台は日本選手では3年ぶり。昨年のこの大会で4位になって注目され、実業団から誘いもあったが、「地域にかかわる仕事がしたい」と埼玉県庁に就職、いまは埼玉・春日部高校定時制に派遣されている。仕事が昼過ぎからなので、練習は午前中、大学生や市民ランナーと一緒だという。

   39キロ地点でスパートした時から苦しそうな表情のまま。ゴールすると倒れ込んだ。過去5回のうち4回医務室に運ばれている。「死んでもいいという気持ちで走る」―これが身上だ。「市民ランナーでもできることを示せた」

定時制だけど朝から出勤

   とはいっても、市民ランナーのハンデは歴然。実業団選手の練習量は月に1000キロだが、川内は600キロ。世界選手権にも有給休暇をとって参加するという。たとえば今日の勤務だって、「入試の願書受け付けで、1年でいちばん大事な業務。 朝8時半から夜の21時15分までと普段より勤務が長い1日です」

実業団ショックでしょう

   司会のみのもんたが喜んだ。

「実業団はショックでしょう」

   好条件の実業団選手たちを尻目に、練習メニューも自分で作っている川 内が自己ベストを4分も縮めたのだ。本人は「1、2位を追えなかった。こんなレベルではダメ」と言っているが、優勝したハイル・メコネン (エチオピア)との差は1分2秒 。最後の2.195キロでは最速ランナーだった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中