2018年 7月 22日 (日)

入試投稿カンニング「はじめから合格するつもりない!?」

印刷

   京都大学をはじめとする有名大学の今年の入試問題が、試験時間中にQ&AサイトのYahoo!知恵袋に多数投稿され、第三者から時間内に正答回答を得ていた問題は、スパモニでも大きな話題となった。

   「被害」に遭った京大の副学長らは憤りを表明したが、スタジオのコメンテイター陣のほうにはそう深刻な雰囲気はない。むしろ不思議な手品でも見たように、試験中に問題をネットに投稿する手口を想像しては、あれこれと語り合った。

愉快犯か何かの実験

   手品のタネばかりか、動機もまた摩訶不思議である。「ヤフーに出れば大騒ぎになるわけで、最初から(入試に)受かろうという気はないのでは。たぶん愉快犯だよね」と田中喜代重弁護士。「第三者が正解を言ってくれるという保証もない。なにかの実験なのか」と小木逸平アナ。

すぐバレるはず

   ジャーナリストの鳥越俊太郎も「後で突き合わせればわかっちゃうわけでしょ。バレる可能性もかなり高いんで…」と、首をひねっていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中